ascii55

思い出した時に書くブログ

KOHH - I Think I'm Falling 

https://www.youtube.com/watch?v=6WsMjxRt3wI

KOHHのアルバムがサプライズリリースされた時の衝撃と嬉しさが少しずつ懐かしくなってきたわけだけど、この曲の衝撃もなかなかじわじわきてる。

KOHHが純愛ソングを出すことにまず尊さと意味を感じてしまう。

もちろん今までも純愛ソングはそれなりにやってきたわけだが、YELLOW TAPE3以来ご無沙汰な気がする 。

梔子だったらWhere You At?だったり、Far Awayもそうだし、YELLOW TAPE3では恋人を匂わせるリリックが散りばめられているし、中では一曲まるまる女の子を褒め称えるiikoなんていう曲もある。

しかし打って変わって、YELLOW TAPE3後にリリースされたDIRTでは死生観や人生観、KOHHという人間の内の内からなるリリックがほぼであり、純愛の要素は感じられない。また、一年後2016年、リリースされたDIRT llでもそのタイトル通りDIRTの続編かのような雰囲気で作られていて、もちろん純愛ソングは収録されていない。

2017年はリリースはなく、2018年。誰もがKOHHの新譜はまだなのかと待ち望んでいた。本人はインタビューなどで制作し続けていることは明かしていたが、一向にリリースの気配はなかった。ちらほらザビエルウルフの客演や、各方面でも話題になったマライアキャリーの客演はあったが、本人自身の楽曲は配信されることはなかった。

そして今年2019年衝撃のサプライズリリースとなったUntitledはアルバムとして期間を指定して制作されたものというよりかは、録りためていた曲の中から構成されてるもの出会ったが、どれもやはり革新的であり、話題をかっさらった。そんな新譜からも過去のピュアな純愛ソングはなく、強いて言うのであれば、Leave Me Aloneという男女間での駆け引きについて暗く歌われているものがあった。

と、まあなかなか純愛ソングはご無沙汰であったKOHHだが、このタイミングで単発リリースでしかもモンスターとのタイアップでCMソングというのはなかなかKOHHを追っかけている1人として興味深く感じられた。

 

 

特に好きなアルバム